「顔に大きなほくろがあるのを取りたい」
「ほくろってどこへ行けば取ってもらえるの?」

 

大きすぎるほくろは老けて見えることもあり、悩んでいる人も少なくないでしょう。

 

ほくろは皮膚科へ行けば取ってもらえますが、痕が残ってしまうのは嫌ですよね。

 

 

傷を残さないようにキレイにほくろ除去してもらうには、美容外科がオススメです!


 

そこでこの記事では

  • ほくろ除去ができる美容外科クリニック
  • ほくろ除去の費用
  • ほくろの状態に合わせたほくろ除去の方法
  • ほくろ除去の注意点

以上について解説していきます。

 

ほくろ除去ができる美容外科クリニックの情報

品川スキンクリニック

神戸でほくろ除去がおすすめの美容クリニック|キレイにとるならココ!

 

品川スキンクリニックでは電気メスと切開除去法でほくろを取ることができます。

 

美容皮膚科でこの料金は格安なので、キレイに取りたい方にはおすすめですね。

 

ほくろ除去の料金(税別)
電気メス 1mm 4,860円
切開除去法 1mm 8,750円

 

品川スキンクリニック 神戸院の情報

神戸市中央区三宮町1-2-1 三神ビル5F
【電話番号】 0120-704-900
【アクセス】 JR三ノ宮駅「西口」徒歩約5分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック

神戸でほくろ除去がおすすめの美容クリニック|キレイにとるならココ!

 

表示の料金の他に診察料・麻酔代・お薬代はかかりますが、比較的良心的な料金でほくろが取れます。

 

また、ほくろ取り放題というコースもありますので、たくさんのほくろでお悩みの方には特におすすめです。

 

ほくろ除去の料金(税別)
炭酸ガスレーザー 1mm 8,000円〜
電気メス 6mmまで 30,000円
切除法 5mm以上 30,000円〜

 

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックの情報

神戸市中央区加納町6-6-1 金沢三宮ビル8階
【電話番号】 0120-378-887
【アクセス】 各駅「三宮駅」から徒歩5分
【診療時間】 月・水・金:10:00〜22:30
木・土・日:10:00〜20:00
火:14:00〜20:00
(※休診日は年末年始)

 

 

 

 

 

 

ルネッサンス美容外科医院

神戸でほくろ除去がおすすめの美容クリニック|キレイにとるならココ!

 

ルネッサンス美容外科医院は21時まで診療しているので、お仕事帰りにも通いやすく働く女性には嬉しいですね。

 

ほくろ除去は植物由来のクリーム製剤を塗って、1〜3週間で自然にはがれ落ちるのを待つという珍しい施術です。

 

ほくろ除去の料金(税別)
クリーム製剤 1mm以下 6,000円

カウンセリング 3,000円

 

ルネッサンス美容外科医院 神戸院の情報

神戸市中央八幡通3-1-14 サンシポートビル8階
【電話番号】 078-862-6500
【アクセス】JR「三ノ宮駅」中央出口から徒歩5分
阪急「三宮駅」東口から徒歩7分
阪神「三宮駅」から徒歩5分
【診療時間】 11:00〜21:00

 

 

 

 

 

 

神戸中央クリニック

神戸でほくろ除去がおすすめの美容クリニック|キレイにとるならココ!

 

3mm以下のほくろなら3個まで15,000円でレーザーで取れます。

 

炭酸ガスレーザーよりも傷の治りが早く、仕上がりもきれいなエルビウムヤグレーザーで除去できます。

 

ほくろ除去の料金(税別)
レーザー 3mm以下 15,000円

 

神戸中央クリニック

神戸市中央区三宮町1-3-15 京町筋安田ビル6F
【電話番号】 0120-884-790
【アクセス】 JR三ノ宮駅西口徒歩3分
【診療時間】 10:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

ソノクリニック

神戸でほくろ除去がおすすめの美容クリニック|キレイにとるならココ!

 

ソノクリニックではほくろを取る際に、その悪性度も診てもらえます。

 

一般的な炭酸ガスレーザーよりも傷跡が目立ちにくいスキャナー付きのレーザーでほくろを取ることができます。

 

ほくろ除去の料金(税別)
炭酸ガスレーザー 9,600円〜

 

ソノクリニック 神戸三宮院の情報

神戸市中央区三宮町2-11-1 センタープラザ西館3階
【電話番号】 078-392-5521
【アクセス】 各線「三宮駅」から徒歩5分
【診療時間】 平日:午前 10時〜13時、午後 14時〜18時
土曜:午前 10時〜13時、午後14時〜17時
(※水曜・日曜・祝日は休診日)

 

 

 

ほくろの状態に合わせたほくろ除去の方法

レーザー治療

炭酸ガス(CO2)レーザー
治療に向いているほくろ
  • 盛り上がっているほくろ
  • 3mm以下の小さなほくろ

 

レーザーの熱で、ほくろ組織の水分を蒸発させ、皮膚組織ごと気化させます。

 


出典:ソノクリニック 大阪梅田院

 

メリット

  • 治療にかかる時間が短い
  • 施術当日からメイクや入浴ができる

 

大きなほくろだと除去した所が凹むこともあるので、小さなほくろの治療に使われます。

 

 

ヤグレーザー
治療に向いているほくろ
  • 平らなほくろ
  • 色素の濃いほくろ
  • 小さくてたくさんあるほくろ

 

ほくろのメラニン色素に反応するレーザーを照射し、色素を壊します。

 

メリット

  • 皮膚に傷をつけない
  • 色が濃いほくろほどレーザーが反応して効果が高い
  • レーザーの照射時間が短く、一度にたくさんのほくろを治療できる
  •  

    デメリット

  • 盛り上がっているほくろを除去できない(色が抜けるだけ)
  • 色の薄いほくろにはあまり反応しない
  • 完全に色素を消し去るには5〜6回の治療が必要
  •  

     

    盛り上がっている部分は炭酸ガスレーザー、残った色素をヤグレーザーで除去する治療法もあります。


     

    電気メス

    治療に向いているほくろ
    • 5〜6mmくらいのほくろ
    • 皮膚の浅い部分にあるほくろ

    電気分解法、高周波メスなどとも呼ばれる方法です。

     

    メリット

  • 浅く削れば傷を残さず、早く治療ができる
  • 病理検査に出せる
  •  

    デメリット

  • 深く削ると痕が残るリスクがある
  • ほくろを完全に取り除けず再発することもある
  •  

     

    切除法

    治療に向いているほくろ
    • 5mm以上の大きなほくろ
    • 皮膚の深いところにまで達しているほくろ
    • 悪性が疑われるほくろ

     

    ほくろの組織を完全に取り除ける方法なので、再発の心配がありません。

     

    傷跡はシワの方向に合わせて切除するなど目立たないように工夫されています。

    出典:倉敷平成病院 総合美容センター

     

    悪性が疑われる場合は、病理検査にかけることで正確な診断をすることができます。

     

    悪性のほくろ【特徴】

    • 形が左右非対称
    • ほくろの輪郭がギザギザしている
    • 境界線がもやっとしている
    • 色ムラがある
    • 様々な色が混じっている
    • 直径6mm以上
    • 表面が盛り上がっている
    • 大きさ・色・形が変化していく

     


    出典:がんを生きる

    ほくろ除去の注意点

    ほくろ除去した跡をキレイに治すには、アフターケアも大事です。

     

    ほくろ除去後のセルフケア

    かさぶたは自然に剥がれるのを待つ

    だいたい10日〜2週間でかさぶたは剥がれてきます。

     

    無理に剥がすと痕が残る原因になります。

     

    保護テープは必ず貼って、メイクもテープの上からしましょう。

     

     

    紫外線対策、日焼け対策を忘れずに

    紫外線に当たることで、ほくろが再発したり傷跡が目立つようになるケースがあります。

     

     

    TOPへ